見逃し厳禁 ヘアカラーの基本‼️

こんにちは!スタイリストの久永です!

多くの人がしたいと思っている、もしくは一度はした事がある方が多いと思います、髪とヘアカラーについて

髪の構造

髪の毛は三層になっています

1番表面がキューティクルと呼ばれる部分で、聞いたことある方が多いかも知れません

キューティクルは髪の毛の艶などに関係します!

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

キューティクルから1つ中に入った部分が

ヘアカラーやパーマに関係する部分です!

本日のメインはここ‼️

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

そして髪の1番真ん中にあるのが芯ですね

ここがダメージなどで傷つくと髪の毛が千切れます!

髪の毛の限界値 嘘とホント

ヘアカラーを繰り返すと、基本的に髪の毛はどんどん弱くなっていきます

そして、悲しいことに一度傷ついた髪の毛は何があっても回復することはありません

・時間が経てば、、。

・毎日トリートメントしてるし、、。

・友達は問題ないって言っていたし、、、。

ごめんなさい、どれも治らないし、信用ならないのです

無理してカラーやブリーチをすると髪の毛の芯を傷つけてしまい、断毛する可能性が上がります

黒髪が伸びてくるまでは何も出来ない方もいらっしゃいます

よく、トリートメントしたら髪の毛が治る!などと聞きますが、その場凌ぎで人工的に誤魔化しているだけなので治っているわけではないから気をつけてください‼️

髪の毛の限界値は人によって大きく変わってくるので、友達と同じ美容室に行っても友達はブリーチが3回できるけど、自分は2回が限界。と言うことはあり得ます!

皆んなが同じ体格、同じ性格、同じ顔ではないのと同じで髪の毛もあなたオリジナルの物なのです!

超大事‼️ カラーの履歴

初めての美容室にカラーなどで行けば、よく聞かれる質問が

「今までいつに、どんなカラーをしてきましたか?」

このような質問、されると思います

カット以外のカラー、パーマ、縮毛矯正などのメニューをしている場合は、それがカラーに影響する場合がほとんどなので、聞かせていただいております

具体的ではなくて大丈夫なので、これくらいの時期にブリーチしたよ!夏に縮毛矯正した!とか教えて頂けると嬉しいです!

この情報がないとムラになってしまって綺麗に染まらなかったりするので、協力いただいて僕たちと一緒にあなたの髪を綺麗に作り上げていけたら嬉しいです!

ヘアカラー 明るい場合

髪を明るくするときには大きな力が必要になります

ブリーチなどでなくても髪に痛みは出ますが

明るい方が透明感が出て、軽やかな雰囲気になります

繰り返し明るくしてると明るくてさらに色もしっかり見えるようになります!

ヘアカラー 暗い場合

現在が明るい状態で、今よりも髪色を暗くする場合には

明るくするよりかは少ないダメージで済みます!

しかし、元々が明るい状態なので、時間の経過とともに少しずつ明るくはなってきます!

ブリーチの場合

ブリーチをする場合はヘアカラーの中でも1番ダメージが大きいです!

他のカラーに比べ、ブリーチは髪の毛の体力を削る割合が大きいので回数が限られてきます!

当店では何もしてない髪の毛にブリーチが2回でホワイトまで出来るので、2回すれば全ての色が出来ます!

なによりも透明感が欲しい、ハイトーンがいい

そんな方にブリーチをオススメします!

⚠️危険度MAX⚠️

ブリーチをしてて、一度暗くすると、暗くしたところにブリーチを重ねるのはすごく危険度が増します!

黒染めなどをしてしまうとなかなか明るい色に戻すのは難しくなる、もしくはムラが多くなる場合が多いです

まとめ

皆んなそれぞれ髪の毛に限界値があります

ブリーチなどをしすぎると髪の毛の中がスカスカになって断毛する可能性があります

限界があることを知ったうえでカラーを楽しんでいきましょう!

通常のカラーであれば回数を気にせずすることが出来ることが多いので色んな色を楽しんじゃいましょう!

下のInstagramもしくは公式LINEから

Instagramはもっと多くの実例載ってます

久永恭平のInstagram

ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ

ご予約、ご相談いつでもお待ちしてます!12時間以内に必ず返信させて頂きます!

↓ ↓ ↓

久永恭平の公式LINE

この記事を書いた人

スタイリスト 久永 恭平

詳しいプロフィールを見る