髪が細くてもハードパーマにする!全ては技術のバランスで変わる!

  • パーマがとれやすい
  • うまくかからない
  • 強めにかけたい

髪が細くて動きがでない!しかも、ペタッとなる!そんなことで悩んでないですか?

パーマかけたのにすぐとれる!強くかけたいのに髪が細いから強くかからない!強くかけたらチリチリになった!そんなお悩み有りません?

今回の実例は髪が細くてペタッとしやすい髪質!しかも直毛でパーマがとれやすい髪質です!

ビフォー

こんな感じです!髪が細い分薬剤設定がかなり重要で、それにあったロッドの設定もかなり重要になります!それがうまくいけばはじめていい感じにパーマがかかります!

で今回はウルフヘアにカット後少し強めのパーマがご希望!

なので、かなり考えてうまくかけないとうまく行きません!

パーマで失敗が多い理由

パーマは単純に考えるとカールの強さで巻くロッドの大きさが変わるんですが、全てがそれに当てはまるわけではありません!失敗するほとんどの場合が、どんな髪質でも薬が同じだったり巻くロッドの大きさが同じだったりします!でもそれって正しいですか?

髪の太さ、癖、髪の強さ、ダメージ具合が変わるのにそれであってますか?

そこをしっかり見極め、どのくらい髪に余力が残っているかで全て判断します!

そこも技術の一つです!

その結果がこちら

アフター

こんな感じになりました!

髪質で悩んでてもその技術力があれば解決できます!

そして最高は作れます!

パーマをかける時の注意点

パーマをかける祭お客様が注意してほしいことがあります!

それが、美容師の選び方です!撮影モデルは本当にパーマかけてますか?髪質は?モデルだからそうなってるのでは?いろいろ考えますよね?

だから僕は実例を載せます!実際のお客様を載せます!なぜなら常にリアルを届けたいことどんな方でも変われるを証明したいからです!それこそが本当の美容師だと思っております!

ぜひそこをしっかり見極めてください!失敗が減ると思いますよ!

最後に、パーマは最高のツールです!

一度失敗したけどやってみたい、もう一度挑戦したい、そんな方ぜひお任せください!

最高をお届けします!

最後に

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA