色落ちしないハイライトに相性のいいパーマ紹介

皆さんこんにちは!スタイリスト 平田です!

今回はタイトルにもあるようにパーマにメッシュに合うハイライトをご紹介していきます!

そもそもハイライトとパーマって合うの?

よくお客様から質問を受けますが

● ブリーチしたらパーマってかからないんですか?

カラーして色落ちするのが嫌

●昔ハイライトを入れたら太くなり過ぎた

カッコよくならなかった

など疑問の声を聞くことがあります。

今回この記事を読んでみてこれからハイライトをしてみようか悩んでる方や今までやってみて良い感じにならなかった方など是非参考にしてもらえたらと思います!

それではパーマやスタイル別でどのようなハイライトスタイルがあるのかみていきましょう!

まずはオーダー率NO1のスタイルからご紹介していきます!

オーダー率NO1のハイライトパーマスタイル

ハイライトの質感は

太さ細め/量多め

パーマは波内パーマを当ててます!

では次に同じハイライトの入れ方で違うパーマを当てるとどう見え方が変わるのかを紹介していきます!

ハイライトの質感は先程と同じく

太さ細め/量多め

パーマはツイストスパイラルパーマを当ててます!

同じハイライトの入れ方でもパーマを変えれば動きの見え方がかなり変わります!

一度ハイライトを入れる事で髪型に飽きたらパーマを変えることでまた違った雰囲気を楽しめるのもハイライトのメリットです!

白髪が目立ってきた、カラーをして色落ちするのが嫌だという方もハイライトを入れることで白髪も目立たないようにカバーでき、ブリーチで抜きっぱなしにするので色落ちの心配はないです👍

やりたいパーマやスタイルに応じてセットした時にカッコよくなるように考えてハイライトを入れてるので太くなりすぎる心配もありません😄

最後に最近オーダーが多くなってきたハイライトパーマスタイルを紹介していきます!

ハイライトの質感

太さ普通/量多め

パーマは長めのスタイルに波内うねりパーマを当ててます!

ブリーチを使うハイライトは多めで入れてもパーマは綺麗にかかります!

同じブリーチでも薬剤や塗り方を考えてハイライトを入れてるのでパーマも綺麗にかけることができます!

ハイライトを綺麗に入れるにはカットもかなり重要になります!

どこに重さを持ってくるのかいかにハイライトを綺麗に入れれる量感に出来るかでかなり仕上がりが変わります!

カットの時点で最終の仕上がりを想定して全てを完璧にする事で最高の仕上がりになります!

この記事を読んでハイライトパーマをやってみようと思った方がおられたら幸いです!

もし悩んでる方いましたら是非一度ご相談ください!

ご予約/ご相談⏬

平田翔暉の公式LINE

僕のスタイルや日々のお客様のスタイルを更新してます⏬

平田翔暉のInstagram

この記事を書いた人

スタイリスト 平田 翔暉

詳しいプロフィールを見る