ハードパーマ

全体的に動きがでるようにスパイラルパーマで動きを出す。 束感カットでよりパーマを活かす。

無造作マッシュ

少し長さを残しならがスパイラルパーマでくしゃっとした無造作感を出す。 軽さも出るようにすき方も計算する。