夏休み終わりの学生に警笛😅市販のカラーは避けて頂きたい理由。

こんにちは!スタイリストの多鹿です!

もう夏も終わりに近づいて来ましたね!

長い休みの期間普段は染めれないけど休み期間限定でカラーを楽しむ方が多いと思われます!

ここで注意です❌

カラーを元の黒に直す際にやりがちなのが、薬局やドンキで売ってる黒染めを使う事です。。

お客さんからすれば安く仕上がるし自分のタイミングで出来るので魅力に感じるとは思います😅

実際黒染めだけで美容室行くのも面倒ですよね。。

そもそも市販と美容室のカラー何が違うのか分から無いと思います!

違いをまとめてみます!

● 髪の毛を染める力が強い。(調整出来ない)

まず、カラーの仕組みになるのですが、カラーは基本2つの薬を混ぜて作ります!

色味の1剤

色を入れる2剤

こんな風に考えて貰って大丈夫です!

市販のカラー剤は誰でも手軽に簡単に染めれるのがコンセプトなので、2剤の力が強いです。

どんな髪の毛でも染めれるようになってるので、必要以上に強い力で染めることになってしまいます。

美容室の場合だと髪の毛のダメージレベルによって強さや時間などを変えながら出来るのでなるべく痛まないように染めることが出来ます!

●黒染めが残る。

これも良く聞くものではないでしょうか。

市販の黒染めをしていてブリーチしようとしたら断られたり、ブリーチを行っても綺麗に抜けずにオレンジ味が残ったり。

なぜかというと市販の黒染めは黒が凄く濃いんです

どんな状態の髪の毛でもしっかりと黒になるようになってます。

これから先ずっと黒で生きていくなら良いのですが、次にブリーチをする方等カラーを変えたい方には避けて頂きたいです。

●カラー後のダメージ

これも市販のカラー剤で染めた後に良くある事なのですが、染めた後も髪の毛がギシギシしたり引っかかったりする事が続きます。

その原因は髪の毛にアルカリが残り続けやすい事です

アルカリが残ると何が起こるかなのですが、アルカリにはキューティクルを開く作用があります。

アルカリが残ってキューティクルが開きっぱなしになると、髪の毛の内部の栄養分が外に流れたり、キューティクルが剥がれやすくなったりします!

キューティクルが剥がれると元には戻らないので、外からのダメージや内部の栄養分が流れる事でどんどんダメージが進行していきます。

美容室のカラーはこのアルカリが抜けやすい様に作られているのですが、市販の物は抜けやすい様に作れない様に規制が掛かってます。

これは美容室と家での環境が違うので、家で同じように作ってしまうと、体調を崩したりする恐れがあるので、どつしようもなく仕方が無いものになります。

●まとめ

今回は市販と美容室のカラーの違いを書かして頂きました。

結構な違いがあったと思います!

よく言われるのが市販の黒染めはブリーチ一回分程痛むとも言われています。

黒染めやしそんな痛まないと思われがちですが実は結構痛むので、行う際は注意して下さい!

もう市販のカラー剤で染めてしまった人はどうすることも出来ないのかと言われると、そうでも無いです!

このブログの1番上の画像も市販のブリーチから市販の黒染めした後にパーマを当てたものになります!なんとかするので是非一度ご相談だけでもどうぞ!

ご質問ご相談お気軽にお問い合わせ下さい!

日々のスタイルや空き情報は僕のInstagramまで!

この記事を書いた人

スタイリスト 多鹿 龍悟

詳しいプロフィールを見る